NO IMAGE

憧れ?の田舎暮らしをやってみる その3

仕事より大変!!田舎の人間関係の難しさ 田舎暮らしで大変なのは何と言っても仕事を見つける事と人間関係を上手くやる事に尽きると思う。ここが上手くいかないと、憧れだけで田舎に移住しようとしても失敗するのは目に見えている。私の知っている人では、東京から西表島に移住を決意していざ実行したものの、人間関係が上手くいかずに二週間…

NO IMAGE

憧れ?の田舎暮らしをやってみる その2

仕事が無い!!大変な田舎での生活 田舎暮らしにおいて大きな問題となってくるのがどのようにして収入を得るか、という事だ。田舎でありつける仕事というものは限られており、都会に比べて賃金も安い。そもそも田舎は人口が少ないのだから仕事も無くて当然なのだ。職を求めて皆が都会に出てくる事を考えると、如何に田舎で仕事を探すのが困難…

NO IMAGE

憧れ?の田舎暮らしをやってみる その1

不健康な都会の生活 私は貧乏ながらも東京生まれの東京育ちなので、田舎の自然に囲まれたのんびりとした生活というのに昔は興味があったものだ。自然が全く感じられない、ゴミゴミした都会でずっと生活していると誰でも気分が滅入ってしまう事が多いだろう。排気ガスで空気が汚くよどんでいる都会では、精神だけでなく身体までどんどんと不健…

NO IMAGE

フリーターがバイトで家を買う その3

私が初めて買った家の話 私が初めて家を買ったのは、確か23歳位の時だった。その時手に入れた物件は都内某区にある木造一戸建てで、24坪はあったと思う。競売物件故、多少面倒な手続き等も幾つかあったが特にトラブルもなく無事に購入する事が出来、その後は自分で床板を張ったりトイレを洋式にして風呂場のタイルを全て張り替えたりと必…

NO IMAGE

フリーターがバイトで家を買う その2

重要!!家の場所選び 家はなるべく生活するのに便利な場所を優先して選ぶべきだ。主要な路線の駅、買い物に便利なスーパーや商店街、職場、病院等が近いとか、又はアクセスしやすいとか、とにかく自分がそこに住んでストレスをそれ程感じないような利便性というものを念頭におかなくては家探しは始まらない。だが、誰もが便利で住みたいと思…

NO IMAGE

フリーターがバイトで家を買う その1

家賃生活者の貧困からの脱却法 都会での生活を送る上で最も頭を悩ませてくれるのが家賃の高さだろう。賃貸生活者にとっての一番の悩みどころだ。都会に住む人の大半は毎月の家賃と税金と保険や年金を支払う為に、毎日決して楽しいとは言いがたいような雇われ労働生活を送っているというのが現状なのである。特に都会では家賃が高いので、東京…

NO IMAGE

稼ぐバイト バイク便ライダーの仕事 その2

バイク便ライダーは稼げるの? 結局の所、完全出来高制のバイク便という仕事は稼げるのか?よくネットの求人広告なんかではバイク便ライダーの仕事は月収30~40万円稼げますとかいうような、やけに景気のいい宣伝文句ばっかり打ち出しているので、何も考えずにそういうのをうっかりと信じてしまってとりあえず応募してしまう私のような人…

NO IMAGE

稼ぐバイト バイク便ライダーの仕事 その1

完全出来高制の配達業務 役所のように土日祝日は完全に休みで毎朝定時に出勤して残業も無く定刻通りに上がり、という働き方ではなく、やればやっただけ自分に金が入るような出来高制の仕事というのは、他人よりもカネを多く稼ぎたいとかヤル気のある人にとっては正にうってつけかもしれない。自転車やバイクなんかでの宅配の仕事にはこの手の…

NO IMAGE

うかうか30、きょろきょろ40

うっかり40の中年パラサイト 何故か私の周りや知り合いにはプータローがやけに多いけれども、最近40になった一人の先輩も今迄特にこれという事もせずに半端に人生を遊んで過ごしてきてしまったクチだ。自由人と言えば何だか聞えはいいが、実際は只のルンペンに過ぎない。その人は未だに実家暮らしだから、生活に困るという心配だけは無用…

NO IMAGE

老後の生活 住まいの編

老後の住まいについて考えてみた 大抵の人にとって、老後の賃貸生活というものは当然ながら相当に厳しいものがあるという事が予想されるのは、今更考えるまでも無いと思う。特に都会では若い人でも家賃の支払いに苦労している位なのだから、収入の限定される年寄りにとっては何をか言わんやである。年金が満足にもらえないような人の場合、老…

スポンサーリンク