うかうか30、きょろきょろ40

スポンサーリンク

うっかり40の中年パラサイト

何故か私の周りや知り合いにはプータローがやけに多いけれども、最近40になった一人の先輩も今迄特にこれという事もせずに半端に人生を遊んで過ごしてきてしまったクチだ。

自由人と言えば何だか聞えはいいが、実際は只のルンペンに過ぎない。

その人は未だに実家暮らしだから、生活に困るという心配だけは無用。

それ故この歳になっても正社員として働くような事もせず、適当なバイトで日銭を稼ぐというその日暮らしを今の今まで続けて来た訳だが、そうした人生に何の不安も疑問も感じないままにこれからもこの人は過ごすのだろうかと思う時があるものだ。老婆心ながら。

その人の人生観では、会社なんかで奴隷のように働くより、金なんて無くとも自由気ままな生活をしている方がストレスフリーで余程いいという考えだから、まぁそれもアリなのだろう。

そういう考え方は私の中にも当然あるし、大体にして人は会社に入って定年まで真面目に勤めるものという価値観自体が既に古過ぎる。

悲劇!!うっかり40となってしまう前にカネを稼げ

だがその先輩も、この先の不安とか今の自分の状況に関しての不満というものが全く無い訳ではない。

聞けば、昔は自分でカネを稼ごうと色々な事をやってみた時期もあったらしいが、残念ながらそう上手くもいかず、結局今は軽作業だとかデータ入力のバイトなんかをして給料を貰っている。

こんな話は別に彼に限った事でも何でもない、ごくありふれたものではあるのだが、それ故にこうした悩み相談を私も受ける事がよくあるので、やはり一見どんなに自由気ままに生きているような人でも人生の迷いや不安や焦りというものは少なからず存在するのであろう。

彼の場合一番のネックは、いい歳をしてカネが無いという事。

いや、もっと正確に言うと、もう立派な中年になってしまっているにも関わらず、満足にカネを稼ぐ事が出来ずにいるという事だ。

バイトで貰える給料なんて家賃や生活費で全て吹き飛ぶ程度の額でしかないし、私がこのブログで紹介しているような副業等も普通の頑張り位ではせいぜいお小遣いにしかならないだろう。

こんな状況じゃあ、いつまでもカネが無いのは当たり前の話なのだ。

人間最後は結局頑張るしかない

そういう悩みから解放されるには結局の所、最後はやるしか無い。

でも、普通の人は頑張ってカネを稼ごうにもそのやり方が分からないものなのだ。

分からないからいつまでもバイトなんかに甘んじている。

誰だってカネがもっともっと多く稼げる方法を知っているならば、早速やろうとする筈だ。しかし、そのような方法は少なくとも誰にでも直ぐに分かるような形では存在していない。

少しでもカネを得たいという気持ちは誰でも同じだが、何も考えずに金儲けのマニュアル本等をただ漫然と実行してみたところで、大した成果は出ないのではないだろうか。

これは自分の経験からも言えるのだが、他人の真似をして同じ事をやろうとしても、儲けられるのは最初に始めたほんの一握りの人間だけだ。

かといって全く新しい事を自分で考えてやれるような頭の人なら、私のブログなんて初めから見る意味が無い。時間の無駄である。

海外儲け話で失敗した人達

他人の儲け話で実際に儲けた人はいない、という実例を私は目の当たりにした事がある。

昔私が海外に居た時の事だが、そこがたまたまシルクの産地であり、色々な国からのバイヤー達がビジネス目的で訪れているのをよく目にしたものだ。

中にはわざわざ日本から買い付けに来ていた人もおり、彼等はそれを国内で捌いて結構儲けているというような話をしてくれた。

偶然そこに居合わせた別の日本人達が、その様子を見て自分でもやってみようと、しこたまシルクを買い込んで日本へ帰っていったのだが、彼等は別にプロの商売人等ではなくただの旅行者達だったと思う。

とにかく、その時にシルクを買って帰っていった旅行者達がその後日本で上手く儲けられたか気になっていたのだが、風の便りで聞いたところによれば結果は全然駄目であったらしい。

このように何も考えず人の猿真似だけしてみても、世の中やはりそう簡単に上手くはいかないようだ。

それでも、やっぱりめげずに努力するという姿勢は忘れてはならない。

たとえあなたが今カネの無い40代だとしても、何も行動しなければ50~60代になっても相変わらず同じ状況なのだから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク