ダーマローラーで美肌ケア

スポンサーリンク

ダーマローラーで月面クレーター顔を改善

以前の記事、メデルマで傷跡を目だたなくするで書いたように、私の顔面には結構ニキビ跡が残っていて、それが長年のコンプレックスでもあった。

過去に色々と治療薬等を試したりしてみたものの、どれも満足のいく結果は得られず今に至る。

だが、私は他人よりも諦めが悪い為、物事が多少上手くいかなくてもめげずに食い下がる性格なのだ。

そして、色々と調べた結果、最近ではダーマローラーというアイテムを使って月面のような汚い私のクレーター顔を何とかしようと努力している。

ダーマローラーはとにかく痛い!

ダーマローラーを知るようになったキッカケは、何気に読んでいた昔の美容雑誌からで、コレを使用すると肌が若返り傷跡が薄く目立たなくなる効果もあるとの事だった。

この美容アイテムは針で肌細胞を刺激して活性化させる事で、ハリやツヤ、潤いを持つ美肌へと改善していくという目的で造られたものであるが、残ってしまった傷跡を目立たなくするような効果もあるらしい。

気の早い私は、早速いつもの販売サイトからダーマローラーを購入して自分の顔に試してみる事にした。

短小の細い針が無数についた小さなローラーを傷跡が気になる肌の上に転がすようにして使用する。

ちょっと見は何だか拷問器具のようだが、実際使うとかなり痛みが走る。

無数の針を肌に突き刺しているわけだから当然なのだが、特に脂肪の少ない鼻や額等はかなりの痛みで、使用した部分が赤く腫れたり酷い時は少し出血したりする場合もあった。

施術をしてから元の状態に回復するまでの期間の事を専門用語でダウンタイムと呼ぶが、ダーマローラーを使用した場合もこれが存在し、ダウンタイム期間中の2~3日間は顔が少し赤く腫れていたりして人目に触れるのはちょっと恥ずかしいものだ。

肝心なダーマローラーの美容効果は?

そこまでの思いをしながらやって、果たして肝心の結果の程はどうなのか?

結論から言うとかなりニキビ跡のクレーターは目立たなくなってきており、今まで試してきた様々な治療法の中では一番効果が感じられたように思う。

ダーマローラーは単に美肌だけではなく、育毛やアンチエイジング等様々な効果が期待出来るらしいので、やってみて損はない。

だが、それも根気良く何ヶ月もの長期に渡って続ける事が出来たからこそ。

痛い思いをしながらそれでも我慢して続ける根性と意思の強さがダーマローラー治療には必要だろう。

痛みに我慢出来ない場合、麻酔クリームを肌に使用する事で感度を鈍らせるという方法もあるが、私は気合で乗り切っている。

ダーマローラーを購入してみた

ダーマローラーは無数の極細の針がついた美容ローラーで、肌の上を転がして使用します。

針が肌を傷つける事で細胞が活性化され、肌の再生が促進される事によって、ニキビ跡(クレーター)や傷跡、シワの改善や育毛にまで効果が期待出来るというもの。

ダーマローラーは美容クリニック等で医師に行って貰うのが安全確実ですが、コストがかかってしまうので今回は自分で購入して試してみました。

ダーマローラーは美容クリニックの他、ネット通販や個人輸入しているサイトを通して購入する事になります。

今回は、販売サイトからDNSローラーを購入してみました。ダーマローラーという名称は異なりますが、機能や効果は全く同様です。

今回使用した製品

品名 DNSローラー

針の長さ 0.5mm

使用の前の注意点

ダーマローラーは高い美容効果が期待できる反面、使い方には十分気を付けなければなりません。美容クリニック等で医師に施術して貰う場合には、問題はありませんが、個人で購入・使用する場合はそうもいきませんね。

商品には日本語の取り扱い説明書等は付属していないので、事前にネットや雑誌等で色々調べておきましょう。

ダーマローラーは顔だけでなく、全身に使用出来ます(粘膜は除く)。

針の長さによって得られる美容効果は違ってくるので、自分の目的に合った物をチョイスしましよう。

0.25mm~0.5mm:小じわ、しわ 、開いた毛穴、アンチエイジング
1.0mm:傷跡やニキビ跡、しみ、そばかす、育毛
1.5mm以上:セルライト、 妊娠線、酷いニキビ跡やしみ

ただし、針が長いものは痛みも強いので注意が必要です。ダーマローラーを初めて使用する場合、0.5mm以下の長さから試してみるのが良いです。

ダーマローラー使用時には、肌に針が刺さるので、痛みを感じます。我慢出来ない程ではないですが、身体の部位によっては痛みが大きい場合もあるので肌に塗るタイプの麻酔クリームを使用すると良いです。

麻酔クリームは、エムラクリームラクサールクリームといったものが有名です。

ダーマローラー施術後の肌は無数の傷跡が出来ていますが、数日すれば元の状態に回復していきます。しかし施術後の肌は乾燥して針の傷により赤くなったりしている為、保湿ケアや紫外線対策等をしっかりとしておく必要があります。

これらを怠ると逆に肌が荒れて汚くなる事にもなりかねません。

ダーマローラーは使い捨てのものが多いですが、繰り返し使用できるものもあります。後者の場合、使用後はキチンと洗浄・殺菌をしておくようにしなければローラーに細菌が発生する等のトラブルの原因にもなってしまいます。

ダーマローラーの使い方

(1) 患部をキレイにしてから肌に麻酔クリームを塗ります。

(2) 1時間程放置して麻酔クリームが効いてきたら、ダーマローラーを肌に転がしていきます。

今回使用するのは、針の長さが0.5mmのダーマローラー。ちょっとチクチクした感じがありますが、麻酔クリームが効いているので大丈夫。最初のうちはあまり全身にやらずに少しづつならしていきましよう。

ダーマローラーは力加減によって針が肌の深くまで届いたりします。何回もやっていると段々とコツが掴めてきました。

繰り返し使用できるタイプの場合、使い終わったローラーは専用の消毒液で殺菌して保管しておきます。

(3) ダーマローラー施術後の肌。しばらくは傷口が赤くなってヒリヒリします。傷口にばい菌等が入らない様に気をつけましょう。肌が乾燥する事があるのでローションや化粧水等を使用します。

ダーマローラー用に開発された保湿ローション等も販売されていますので、余裕があればそういったものを利用しても良いかと思います。

(4) 3~5日も経つと腫れや赤みもなくなって肌は元の状態に回復しています。

私の場合、2週間に1回位のペースでダーマローラーを使用していく事にしています。

1~2回位だとまだ美容効果は実感できないかもしれませんが、何ヶ月も続けていくとだんだん肌にハリやツヤが出てきたように感じました。

ダーマローラーの予備も購入しておこう

ダーマローラーを使用したは肌ケアは、アンチエイジングとしても効果があり、是非長く続けて頂きたいものです。

今回使用したDNSローラーは繰り返し使用できるタイプ。しかし、ローラーに付いている針は消耗品ですので使用を繰り返すうちに曲がったり折れたりして磨耗・劣化していきます。

ダーマローラーは使い捨てで、繰り返し使用出来るタイプであってもある程度使用したら新しいものと交換する必要がありますので、予備を常に一つはストックしておきましょう。

ダーマローラーはこちらの海外輸入代行販売サイトから購入する事が出来ます。

DNSローラー0.5mm エムラクリーム5%

DNSローラーは針の長さが0.2mm~2.5mmまで販売されていて、自分の目的に合わせてチョイス出来ます。

これは主に、皮膚レーザー照射療法時の疼痛緩和や注射針・静脈留置針穿刺時の疼痛緩和を目的として使用されているものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク