バイトの面接で採用の確率をアップさせる その1

スポンサーリンク

面接で落とされない人になるには

仕事はなるべく早めに決めたいもの。

転職や失業等の事情から新しい仕事を探さなければならなくなった場合、とりあえずめぼしい会社やバイト先を片端から受ける事になると思うが、これが結構手間もお金もかかるものだ。

各社毎にいちいち履歴書職務経歴書を作成しなければならないし、時間と交通費をかけて面接に行くのもなかなか骨が折れる。

しかし、わざわざ交通費をかけて面接に出向いたとしても、無碍に落とされてしまうようでは金と時間をかけた甲斐が無いと言うもの。

提出した履歴書と写真が無駄になるのも癪だ。

面接で聞かれる事と答える事というのは何時でも何処でも大抵決まっているのだから、その辺のポイントはしっかりと押さえつつ、要領よく合格出来るような人間になりたい。

面接であなたはどこをチェックされるのか

何はともあれ仕事にありつく為には、会社の面接に受からなければならない。

しかし、何故か毎回面接に落ちる人がいる。

そういう人は、運を天に任せて闇雲に何社も受けまくる傾向があるようだが、はっきり言ってそれではあまりにも効率が悪い。

一度冷静になって、面接官は一体あなたの何処をチェックしているのかをよく考えてみるようにするといいかも知れない。

例えば、接客業等の仕事ではコミュ障のような人では務まらないし、力仕事関係では体力の無さそうな病気がちの人が敬遠されるのは雇用側の立場に立って考えれば当然だと言える。

そうした事は面接のさりげないやり取りの中で面接官にチェックされているものだ。

なので、自分がこれから受けようとしている会社の仕事を理解した上で、自分はどう受け答えれば良いのかは想像力を働かせて考える必要がある。

面接に受かる為には最低でもこれくらいの事は出来ないとならないが、更に重要となってくるのは実は次に述べるような部分なのである。

何故?面接でいつも落とされる人達の特徴とは?

面接でいつも落とされる人達の特徴とは、嘘が下手な人であると私は考える。

面接で受かりたければ、面接官達が採用にあたり重視している部分を理解して、万全に準備しておくべきである。

面接で受かる為に何よりも憶えておかなくてはならない大切な事は、嘘も方便という諺だ。

それぞれの事情はともかく、採用される為には馬鹿正直も考え物という訳で、何か上手く面接官に言い訳出来る様なごまかしを用意しておかなくてはならないだろう。

全くの出鱈目や嘘八百はやはり良くないが、かといってありのままの本音だけをさらけ出した所で会社にお情けをかけて貰える程世の中は甘く無い。

見合いと同じでとにかく話を成立させる迄に持っていってしまいさえすればこっちのもの。その為には、多少卑怯といわれようともあらゆる手段を講じなければならず、なりふりを構っている余裕等は無いのである。

つまりあなたはこれから、もっともっと世渡り上手にならなければいけない。

次回はもう少し具体的に、どうすればあなたが面接で落とされないようになるかについて書いていこうと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク