人間関係の悩み その1


Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : Space required after the Public Identifier in /home/siva-heart/smiler-s.net/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/siva-heart/smiler-s.net/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/siva-heart/smiler-s.net/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : SystemLiteral " or ' expected in /home/siva-heart/smiler-s.net/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/siva-heart/smiler-s.net/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/siva-heart/smiler-s.net/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

Warning: simplexml_load_string(): Entity: line 1: parser error : SYSTEM or PUBLIC, the URI is missing in /home/siva-heart/smiler-s.net/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

Warning: simplexml_load_string(): <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN"> in /home/siva-heart/smiler-s.net/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

Warning: simplexml_load_string(): ^ in /home/siva-heart/smiler-s.net/public_html/wp-content/plugins/yyi-rinker/yyi_rinker_main.php on line 1382

スポンサーリンク

人と関わらないという弊害

会社勤めをする事無しに、自宅で一人で自由に仕事にふけるというのは実に楽しいものだ。

だが、ずっと一人で家に居るという事になると当然他人との接点もどんどんと減ってくるだろうし、中には人間関係が苦手だったり嫌だという人もいるが、人と関わる機会が極端に無くなってくるとそれはそれでやっぱり問題ありだと思う事はある。

ネットを使って一人だけで稼げるようになってくると、このように人と関わる機会が少なくなるという弊害も起きるのだ。

嫌な同僚や上司なんかとは誰だって関わり合いになどなりたくないが、やはり職場というのは他人と接する事が出来る場でもある。

人間孤独でいる時ももちろん大切だが、しかし、それだけだと普通の人はどうしてもその状態が耐えがたくなってくるだろう。

空手の山篭り修行で一番辛かったのは孤独だった、と語っていたのは故・大山倍達館長だ。

しかし、例え孤独に耐えかねて友人に電話をしたりしても、普通に勤めているようなカタギの人間は平日は会社に行っていて忙しく働いているだろうから、真っ昼間からそういう自宅ワーカー達にかまっている暇なぞは無くて当たり前なのだ。

金があっても働く謎の人達

何故か、金には全然困っていないのに毎日バイトで働きに来ているというような理解に苦しむ人が一人くらいは職場に居たもので、そうした同僚によくよく話を聞いてみると、何と都内に自分のアパートや土地を持っていて、特に働かずとも不労所得で食っていけるという。

何とも羨ましい次第だ。

私の勤めていたバイト先には驚く事に地主の息子とか、幾つもの店を経営しているとかいう人が時給1000円かそこらで私と一緒に誰でも出来るような単純作業をしていたのである。

それならば何故ワザワザバイトなんて?

彼等は当然生活に困るなどという事はありえないから、ここに金を稼ぐ為に来ているのではないのは火を見るよりも明らかだ。

その理由を聞いてみると本人曰く、別に金が欲しいというわけではなく、「何か人と接していないと精神的にも良くないから」、「特にやる事もなくて暇だから」、といった答えが返ってくる。

確かに、定年後に年金でそれなりに暮らしいけるのにも拘わらず、シルバーの仕事をやったりする人達が多いのもそういう心理からだろう。

「家に居ても暇だし、ぶらぶらしていると妻に嫌がられる」、とか「運動不足気味なので身体を動かす為」、とか「人と接する機会が少なくなってきたので話し相手を見つける為」、という家庭や健康上の事情もあるようだ。

当時は食べる物にも困るようなカツカツの貧困生活を強いられていた私からすれば、彼等は何て羨ましいご身分なんだと心の中で感じる反面、自分が相手の立場であれば思う存分遊びにふけって決して働くなんて面倒な事はしないのに、暇つぶしに何故仕事を?と疑問に思ったものだ。

しかし、よくよく考えてみればダンナの稼ぎで充分喰っていけるようなパートの主婦なんかは、そういうノリの人も多かった。

彼女達は毎日家に居ても退屈だし、社交の場としての感覚でバイトをやっている場合もあるのだろう。

人間、生活に余裕があると、暇ほど苦痛なものは無いと感じるようになるようで、ジムやフィットネスに通うとか、何かそういう習い事をしたりするのも同じような心理からに違いない。

だが、習い事に通うというのもそれなりに金がかかるので、そういう時は金も稼げて人とも関わる事が出来るバイトをやってみたりするのがいい。

当然、金を稼ぐのが主たる目的というわけではないのだからシフトも週何日か入れるだけでOKで、なるべくならストレスの溜まらないまったりとした仕事を選ぶのがベストだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク