理想の人生を送りたい人へ

スポンサーリンク

仕事のスタイルが人生の楽しさを決定する

理想的な人生の送り方というのは、やはり自分の好きな事を仕事にしてカネを稼ぐ、又は会社や企業に勤めて給料を貰うような雇われのサラリーマンから完全に脱出し、好きな場所で自由に仕事をしてカネを稼ぐようなものであると私は考える。

前者は例え雇われの身であったとしても精神的充実感と満足感が得られ、後者は精神的な自由や開放感を存分に感じられる筈だ。

もし、前者と後者両方を合わせたようなカネの稼ぎ方が出来るならばこれほど幸せな事は無い。

だがしかし、やはり理想はあくまで理想であって、現実というのは厳しく辛いものだ。

頑張ったものの満足には稼げず、ついには夢破れて仕方なく食う為だけ、生きる為だけにつまらない雇われの仕事を嫌々続けているという人が世の中には如何に多いか。

若くて自分ひとりだけの事を考えていられる間はまだいいが、人はすぐに老いていくものだ。

結婚して家族を持つようになれば自分の理想だけをいつまでも追求しているという訳にもいかない。無理にそれをやろうとすれば必ずどこかで家庭内の不和や亀裂が生じてしまうことになるだろう。

やはり、理想の生き方と安定した生活というものを両立させるというのはなかなかに難しい。誰にも出来るような事では無いのかも知れない。

だが、100%の実現は無理でも10%でもそうした生き方が実現出来るような努力はしてみるべきだと私は思う。

カネを稼ぐ方法を変えれば人生も変わる

私は現在、嫌々仕事をしているような人達にカネは決して人に使われるという方法だけでしか稼ぐ事が出来ないとは考えて欲しくないのだ。もっと他のやり方であなたにも合った方法はきっとある筈だからだ。

勿論何千万も稼ぐというのは難しいだろうが、そういう方法を早くから見つけ出し、身に付けていった方がきっと後の人生がより充実したものになる事だろう。

金の稼ぎ方と使い方を考える

金が無ければ自由も無い。

金でこの世の中の全てが得られるという訳では決して無いが、ある程度の自由というのは手に入れる事が出来る。

金が無いからあなたは別に好きでもなく住みたくも無いようなごみごみとした空気も水も汚れた都会なんかに住み、ウサギ小屋のようなボロアパートに馬鹿高い家賃を毎月払い続け、毎日会社に出勤して興味も無い仕事をやらねばならないのだ。

毎月の給料の殆どは家賃と生活費に消える為貯金も出来ず、結果としていつまで経っても何の行動も起こせない。

一度こういうパターンになってしまうとそこから脱出したくてもなかなか出来なくなってしまう。

何かをする為には、ある程度まとまった金というのがどうしても必要となってくる。それは、生活費や家賃以外にしっかりと稼ぐ必要があるのだ。

ただし、金の稼ぎ方は大切だが、使い方も非常に重要で、しっかりとした利用法を知っておかなければならない。

例え手元に金が充分にあったとしてもその使い方が良く分からなかったり、間違った使い方をしてしまうようではせっかく手にした金もそれを得る為にかけた苦労も水の泡になってしまうだけでなく、逆にあなたに不幸を招くという最悪の事態にもなりかねないからだ。

金の使い方を誤った為に、人生を棒に振ってしまう様な事にならないようにしたい。

充実した人生を送る為には

充実した人生を送る為には、あなたは今後何がしたいのかというしっかりとした目標を持ち、自分の求める生活や生き方というものを明確にイメージする事が大切だ。

それがあれば、金の使い道というものは自ずと決まってくるであろう。

服や車を買うというのも、確かにあなたに幸せや充足感をもたらしてくれるだろうが、もう少し自分の生き方や精神を豊かにするような理想の人生を作り上げる為に金と手間隙をかけてみよう。

例えば、自然の中で広々とした一軒屋に住んで毎日新鮮な食材を使ったおいしい食事を摂りながら、会社に出勤しなくても自宅でやれる仕事をこなし、疲れたら自宅に引いた温泉に浸かりながら美味い酒を一杯やって…、というのんびりした生活が理想とすれば、あなたはそういう土地と家を探して購入し、温泉を自宅に引く権利を買い、家に居ながら稼ぐ事が出来る方法を身につける必要があろう。

田舎なら生活には車が必要になるから、もしも運転免許を持っていなければ取得しておかなければならない。

どれも金と時間のかかるものだが、それが自分の人生を作り上げていくというものなのだ。

バイトしながら狭くて汚い1Kのアパートに住み、毎回の食事は適当なレトルトかインスタント食品がメイン。

暇だけはあるものの金が無いから、仕事以外の時間にやる事といえばスマホのゲームか昼寝位。

勿論、それで本人が不満を感じなければ何の問題も無い訳で、むしろそうした清貧の中に身をおいて毎日の生活に喜びを感じ、充分な幸せを見出せるような人は聖職者のような高潔な人間性を持っていると言える。

だが、そんな毎日をあなたが望んでいないというのであれば、それは自分で自分の人生や生活を何とか変えていくしか方法がないのだ。

少しづつで構わないから、自分の人生の為に何か出来る事を毎日積み重ねていくようにしたいものだ。

幸福はそれを追求する過程に有りと言われるように、そこに到達するまでの苦労や努力、道のりを是非楽しみながら毎日を送るようにして頂きたい。

後になって振り返ってみれば、あんな苦労の時代もまんざら悪くなかったものだと思える時がきっと来るだろうから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク