ネットアンケートで簡単に現金を稼ぐ その3

スポンサーリンク

ネットアンケートを始めたキッカケ

私がアンケートサイトに登録したそもそものキッカケは、当時やっていたアフィリエイトが全く上手くいかなかったからだった。

最初私は、一回数十円程度のアンケートなんて馬鹿にしてやる気にもならなかったのだが、自分では一生懸命何ヶ月も打ち込んでいるつもりなのに、いつまでやっても結果にまるで反映されないアフィの厳し過ぎる状況に嫌気がさし、絶対確実に稼げるアンケートという副業を始めてみた訳だ。

やってみると、これがなかなか小銭稼ぎには丁度よく、毎日のドリンク代や交通費位は簡単に稼げてしまう。

バイトによっては交通費が支給されないようなケチな所もある訳だから、そんな時にはアンケートでサクッと稼いでしまえばいいのだ。(当時の私はバイト生活者だった)

それに塵も積もれば、ではないが、地道にコツコツやっていれば一年間で定期預金に預けるよりも遥かに貯める事が可能だ。

他にもいろいろあるアンケートの種類

アンケートサイトでは単純に選択肢を選んで答えていくものだけではなく、新商品を実際に使用して感想を書いたりするようなサンプルモニターや、指定された会場に行って直接調査スタッフとやりとりをするような会場調査アンケート、エステサロンやクリニックに体験入店してレビューを書くといったレビュー型のものまで結構色々あるのが特徴だ。

倍率高し!!人気の会場調査アンケート

アンケートの中でも最も効率よく稼ぐ事が可能なのは会場調査型アンケートと言われるもので、普通のアンケートに混じってたまに送られてくるのだが、これは自分の希望する日時に指定された会場に赴き、そこで直接調査スタッフによるアンケートが行われるというもの。

アンケートはあなたとスタッフによる一対一だけでなく、複数人が参加するケースもあり、それぞれの意見を出し合うといったような座談会的なものもある。

会場調査アンケートは報酬が高くて魅力的なのだが、それは誰にとっても同じ事。

そうした案件には常に定員以上の応募がある為になかなか当選しないのがネックな所だ。

また、会場では身分証のチェックもあるため、年齢性別の詐称は通じないので気をつけよう。念の為。

アンケートは女性が有利?企業側の思惑

実はアンケートでは、性別の選択肢を女性と偽って答えると有利な場合が多いとの情報がネット等でたまに見かけられたりする。

真偽の程は定かではないが、確かにそれには頷ける理由はあるのだ。

というのも、依頼主がわざわざ金を払ってまで調査会社に依頼して、一般人にアンケートを取らせる理由は、多くの場合何かのサービスや商品を売る為に色々な情報を得たいからに他ならない。

そして依頼主、つまり商品等を販売する会社側は特に女性に何かを売り込む事に非常に力を入れる傾向がある。

というのも女性は一見するとケチで財布の紐が固いようなイメージがある反面、男性よりも流行に対して敏感で拘りもなく飽きっぽい性格の為、上手くすればヒットやブームを利用して大きく儲ける事が出来るカモになるからだ。

そして、一つのブームが去った後はまた別のブームに乗って儲けるという事を繰り返せるのである。

これが世のビジネスパターンの王道と言えよう。

とは言え、企業側にとって勿論男性も大切な消費者ターゲットである事は確かだが、女性に比べて商品や好みに対する拘りが強く偏狭である傾向が見られる為にまた違ったアプローチがなされている。

おすすめのアンケートサイトに登録しよう

ここではおススメのアンケートサイトを幾つか紹介しておく。

サイトに会員登録しなければアンケートをやる事は出来ないが、勿論登録料等は一切かからないから気軽にどんどん登録してみよう。

前に述べたように、稼ぐ為にはアンケートサイトには複数登録して、少しでも多くの案件をこなす事が大切である。

マクロミル
アンケートサイト大手で一日の配信数は多く、とりあえず登録しておきたいサイトの一つ。


info Q
アンケートだけでなく、簡単なライティングや商品を購入してポイントを貯める事も出来る。
infoQ新規会員登録

D style web
高額報酬が得られる座談会や会場調査案件が多数配信されるアンケートサイト。
D style web

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク