ネット副業とバイト

 

スポンサーリンク

ネットの副業とバイトを比較してみる

副収入を稼ぐのに手っ取り早く確実な方法というのは、やはりバイトだ。

※相場や投資については少々リスキーなのでまたの機会に書きたいと思う。

バイトなら時給幾らという具合で確実に稼ぐ事が出来るからだ。

ネット副業がまだ軌道に乗らないうちは、バイトの掛け持ちをして副収入を得る方が稼げるように感じる事だろうが、両者の間には決定的とも言える違いが存在する。

出勤しなくて良いネット副業の魅力とは

今はネットの副業も色々あり、在宅でネットとパソコンがあれば出来るような仕事を多数掲載しているクラウドワークスとかヤフークラウドソーシングといったサイトを利用すれば、データ入力やタイピング、webデザイン、プログラミング、文章作成等の仕事をする事が出来る。

報酬は出来高制なので、多くやればやる程収入を得られるという仕組みだ。

わざわざ会社に行かなくてもパソコンとネット環境があれば自宅や喫茶店でも作業が出来るので、自分の空いた隙間時間にとりかかれるというのも魅力。

会社に行かなくても仕事がやれるというのはものすごく便利で気楽なもので、遅刻の心配をしながら天候や気候に関係なく毎日時間と交通費をかけて会社に出勤し、窮屈なオフィスで面倒な人間関係に神経をすり減らさずに自宅で優雅にのびのびと一人だけでコーヒーでも飲みながら自分のペースで作業が出来るのだから、ストレスも疲れも溜まりにくく、快適に作業に取り組む事が可能だ。

これが、会社に雇われている人とそうでない人の決定的な違いであると言えよう。

一度こういう働き方に慣れてしまうと、もう二度と勤め人なんぞやろうという気は起きなくなってしまうものだ。

また、こうした仕事のやり方は依頼する側、つまりクライアントにとってもメリットが多く、大幅なコストカットや作業の効率化に繋がるのでネット副業の需要というのはどんどん多くなっている。

何しろクライアントは従業員に対して交通費や社会保険、残業代を一切出す事無く、高いカネを払って都内に作業の為のスペースを借りる必要も無く、ワザワザ時間をかけて面接などしなくとも、ネットを使って出来上がった仕事だけを受け取ることが出来るのだから。

ネット副業は安い

 

ただ、こうした仕事は残念ながら最初はどれも単価が安く、かけた時間や労力の割りには思ったよりも全然稼げなかったりするもの。

それだけで生活費を稼ぐつもりであるならば、相当に頑張ってやらねばならないので、あくまでも最初はお小遣い稼ぎ感覚で始めてみるのが良いだろう。

 

確実に稼ぐのであればバイトをした方が結局効率的だ。

ネット副業で成功する

しかし、ネットの副業は上手く成功出来るようになるとリターンも大きい。

ただ、普通はそうなるまでがとても大変だと思う。

よく主婦がアフィリエイトやサイトビジネスで億稼いだとかいう景気の良い話を聞くが、そんなのはごく一部の人だけ。大半の人はそうはいかない。

その成功者の人だってとてつもない不断の努力を続け、頭も良いからこそ成し得られたのだ。

自分の経験から言うと、一般的な副業初心者が自分で月に10万円稼ぐというのはとても大変な事だ。

実際やってみると最初は1万円稼ぐようになるまでがすごく難しいと感じるだろう。

1万位稼げるようになるとその後は3万、5万、10万という具合に新たに乗り越えるべき壁が出てくるのだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク