老後の生活 住まいの編

スポンサーリンク

老後の住まいについて考えてみた

大抵の人にとって、老後の賃貸生活というものは当然ながら相当に厳しいものがあるという事が予想されるのは、今更考えるまでも無いと思う。

特に都会では若い人でも家賃の支払いに苦労している位なのだから、収入の限定される年寄りにとっては何をか言わんやである。

⇒老後の生活 仕事・バイト探し編

年金が満足にもらえないような人の場合、老後に収入が殆ど無いにも関わらず毎月支払わなければならない賃貸料は、一番頭を悩ます種であろう。

都会では人は家賃の為に働いているようなものだ。

今現在、借家生活を送っているという人は老後の為にも是非一度自分の家を購入する事を真剣に検討してみたい

家族の為、一生に一度の新築マイホームを購入するのとは訳が違って自分や投資の為に中古の物件を購入するというのは決して大事でも遠い夢でも何でもなく、例えるなら車を買うのと同じ位の感覚で売り買い、利用出来るものなのだ。

老後の生活は持ち家が断然有利

物件選びや買い方等についてはまた別記事で詳しく書いていく事にするが、ここでは老後の為に自分の家を買うというメリットに絞って話を進めていこう。

⇒フリーターがバイトで家を買う

今でこそ私は都内に自分の物件を幾つか所有して、僅かながらも家賃収入が得られるような生活をしているが、数年前迄はそれこそあばら家のような賃貸アパートでずっと貧乏生活をしていた。

そのあばら家の家賃さえも払えなくて苦しい時が何度もあったものだったが、仕事を頑張って何とか多少の金が入るようになってきた時、私は車や遊びなんかに使う前に迷わず自分の家を購入した。

やはり自分の住まいを持つという安心感は何物にも代えがたく、何よりも毎月の馬鹿高い家賃の為の金のやりくりに追われる事も無いのだから、心に大きなゆとりが生まれて精神衛生上にも大変に良いと思う。

家を買うならローンでなく即金で

今迄ずっと賃貸生活しかしてこなかったような人にとっては、都内に自分の家を買おうなんてのは少々現実感の無い話として夢物語に感じられてしまうかもしれない。

ましてや現在予貯金もろくすっぽ無いような貧困バイト生活者にとっては尚更で、社会的な信用も皆無に等しいのだから住宅ローンを組む事なぞおよそ不可能なので、マイホームを持つなどというのは考える事もしないのだろう。

確かに麻布や六本木に新築の家を建てようと思ったらそれこそ億単位の金が必要となるが、何もそれだけが家ではない。

築40~50年の木造中古物件だって立派な家なのだ。そして、そういう家ならばちょっと頑張ればバイト生活者にだって充分に購入する事が出来る価格で存在する。

ただ、そうした物件を購入するのであれば、例えローンが組めたとしても、やはり即金で買ってしまった方がいいと私は思う。

毎月のローンを支払うというのは特に長期の場合、やはり家賃を払い続けるのと同じ感覚なので、あまり家を買う意味が無い。

数百万程度の中古物件なら、少しの間頑張れば誰だって貯められる筈だ。

今独身なら、尚更家の購入をすべし

しかし、そもそもそんなあばら家、買った所でとても人が住めやしないのでは?と思われるかもしれないが、勿論、快適に住む為には多少の、モノによってはかなりの手直しは必要だ。

私が初めて買った物件もそういう感じのものだった。競売で安くゲットした都内のボロ家屋を自分でリノベーションしてしばらく住んでいたのであるが、後にもっといい別の家を買ったので今ではそこを賃貸用として利用している。

ともかく要は何でもやりようという事だ。

確かにそんな家だと結婚している場合、100%嫁は嫌がる事だろう。

まして、子供が生まれた暁なんかにはまず間違いなく新築の家を建てるか、プロの業者による大規模なリノベーションをしつこいくらいに要求してくる筈で、よその家庭のそういうやりとりというものを私は何度も見て来たものだ。

だが、あなたが今現在独身の身であるというのであれば、幸いにもどんな家を何処に買って住もうが誰にも文句は言われまい。

とにかく自分の住まいさえあれば、仮に金が無くなったとしても今日明日の寝床の心配をする必要が無いので、とても気楽に余生を送れる事は間違いない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク